審査を早く終わらせるポイント

審査を早く終わらせるポイント

即日融資でお金が借りられれば、その日に借入ができるのでお金がすぐに使えるようになります。
お金を借りるためには審査がありますが、即日融資で借りたい時は審査時間を早く終わらせることがポイントになります。

 

「事前に書類を用意しておく」
消費者金融や銀行カードローンでも同じですが、審査で必要になる書類があります。
申込をしたかたが本人であることを証明するための書類として運転免許証や健康保険証、パスポートなどの写しがかならず必要になるので用意しておきます。
インターネットから申込をする場合は、メールに添付して送信する場合が多いので、本人確認書類のどれか一つを携帯カメラで画像保存しておけば、書類送信がスムーズに行えます。
また、申込時の住所と本人確認書類に記載されている住所が異なる場合、社会保険料の領収証または請求書、納税証明書や公共料金の領収証(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHKなど)社会保険料の領収証や請求書の写しなど、どれかひとつを提出することになりますので、併せて用意しておく必要があります。

 

「借入希望額はできるだけ少なく」
消費者金融のキャッシングは、融資限度額は総量規制で年収の3分の1以内に制限されます。
借入希望額が50万円をこえる場合や、すでに他社で借入が有る場合、その借入残高と借入希望額の合計が100万円をこえる場合は収入証明書類の提出が求められます。
収入証明書類とは、最新の源泉徴収票や確定申告書、直近の1〜2カ月分の給与明細書などが必要になります。
銀行カードローンの場合、100万円以下は収入証明書類が不要という銀行も多いので用意する場合は少ないと思われますが、これらの書類は、本人確認書類と違って常に手元にあるという書類ではありません。
中には紛失をしたため再発行をしてもらわなければならないこともありますので、収入証明が不要の範囲内での借入希望額であれば、審査もスムーズに流れます。

 

「日頃から気を付けておく事」
審査は信用情報機関の個人情報も参考にしますので、クレジットカードの支払いが遅れた場合や、携帯電話で遅延などが重なると利用状況に遅延があったことが記載されてしまいます。
そういったことが記載されると審査が通りにくくなりますので、日頃から支払いに遅延などをおこさないよう気を付けておけば審査に有利になります。